So-net無料ブログ作成

コストコ のピザを冷凍しよう! [料理]

先週の終わりごろから PC の調子が悪く、Win7 でブルースクリーンが頻発しまくり、ついにハードディスクが読み込みできなくなってしまいました。はふ~。

そんなわけで久々に古い環境を引っ張り出してみたら、書きかけでローカルに保存したまま放置してた記事を見つけたので続きを書いてアップすることにしました。転んでもタダで起きないぞw。

コストコで1枚1400円くらいで売ってた巨大マルゲリータ。コストコでは他にもシーフードとかありますが、マルゲリータが一番、具材がシンプル(トマト、バジル、チーズ)なので冷凍するにはオススメです。

costoco 004

まず、1/4サイズにカットします。(1辺が約20cmです)

costoco 011 →→costoco 012

チーズが端っこにあると、焼いた時にチーズが外にはみ出てしまうので、なんとなく内側に集めます。この時、マメな方は一度、トマトとモッツァレラチーズを少し小さく切ってもよいと思いますが、私はそのまま。右のように配置換えしたらラップで包みます。

食べる時には、ラップをはがして、具を追加して焼くだけです。私のオススメは、ベーコンを乗っけて焼くだけ。簡単だし、1枚400円もしないと思うと安いですよね~。下のは凍った状態。

a 008

ベーコン、サラミ、ソーセージ、ゆで卵などの動物系
アンチョビ、シラス、エビ、イカ、アサリなどの魚介系
コーン、玉ねぎ、プチトマト、ピーマン、オリーブなどの野菜類

などから2つくらい追加して焼くと、豪華な感じになるんじゃないでしょうか。

1/4サイズで、2人分強。朝食としてなら4人で分けてもいいかもというサイズです。突然の来客とか、作るの面倒な時などに重宝してます。

うちのオーブンレンジだと「冷凍ピザ」を焼くモードがあるので、それを選べば問題ありませんが、そんなモードのないやつだと、凍ったまま焼くと下まであたたまらないうちにチーズが溶けてきちゃうことがあるので自然解凍してから焼くか、ちょっとレンジをかけてから焼いた方がよいんじゃないかな?


nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

かすべのぬた [料理]

ここからしばらく北海道編です。

do 015

「かすべのぬたが無性に食べたい~!!」と言って、同調してくれるのは道産子だけなんでしょうか? あの、しまった淡泊な身とコリコリした軟骨の食感は、他の魚にはなく、クセになる味です。

「かすべ」って、エイのことです。北海道ではよく生で食べますが、東京では全然ポピュラーじゃないんですよね。干物にしたエイヒレは出回ってますが。それでも最近ではたまに東京のスーパーでも見かけるようになりましたが、鮮度がイマイチだったりします。鮮度がイマイチだとアンモニア臭くなってしまい、かなりまずい魚に変身しちゃいます。初めて食べたかすべがアンモニア臭かったら、間違いなく嫌いな食べ物になってしまいそうです。

北海道にいた時にはかすべの煮付けやぬたはしょっちゅう食べてて、そんなに好物でもなかったのに、東京ではほとんど食べることがdo 010できないので、北海道に帰ると食べたくなるんですよね~。

北海道の実家に帰ってきてすぐ、車でスーパーにおつかいを頼まれ、「食べたいものあったら、買ってきていいよ。」と言われました。新鮮な真かすべが売っていたので、ぬたの作り方を教えてもらおうとカゴの中へ。

本当はぬたにするならばヒレのもっと先のやわらかいところを使った方が軟骨が柔らかくて食べやすいのですが、仕方ない。この分厚さだと煮物がおいしそうだなぁと思いつつ....。

帰って、母に「かすべ買ってきたから、ぬたの作り方教えてよ。」って言ったら「私のは手抜きのインチキだけどいいのかいー?」って言いながらも教えてくれました。

まずかすべを一口サイズに切って、塩と酢を混ぜたものに漬けます。

do 012→  do 014

一晩経つと右のように身が白くなって、汁が濁るのでその汁を捨てます。

あとは、味噌と砂糖、斜め切りしたネギをあえてできあがり!!do 015ポイントはやはり、新鮮な真かすべを使うことに尽きます。水かすべはダメ。あとは、できれば北海道のお味噌を使いたいですよね。北海道の甘めのさっぱりした白味噌を使うと、懐かし~い味になります。

do 008

この日のお味噌汁は、これもまた北海道の冬の味。「カジカ汁」でした。野菜が少ない冬の北海道で、大量に野菜を食べられるおいしい味噌汁です。具はほとんど「ぶたじる」(豚汁のこと)と一緒。じゃがいもが入るところが北海道。かじかはぬめりを取って、あと肝は溶けないように最後に入れましょう。

うちの親は 「最近のカジカはなんかおいしくなくなったよねー。」って言ってますがそうかな? 他にもおいしいものが簡単に食べられるようになったからじゃないかなぁなんて思ったりして。

カスベはたまに東京のスーパーで見ることがあるけど、カジカはまだ見かけたことないなぁ。


うちのお雑煮 [料理]

本当はこちらを元日に載せようと書いてあったのに、昨日いきなり別の記事に差し替えちゃいました(w

ブログを始めて初めてのお正月。お正月といえばお雑煮ですよね。

うちの実家では、元日にお雑煮を作るのは男性陣のお仕事で、女性は台所に入る必要がありません。昔は水を汲みにいくところからやっていたらしいけど、水道があってよかった。

大みそかには正月の料理を作ったり、大掃除で残ったところを掃除したりでバッタバタ。さらに、夜中過ぎまで起きてるので、ぐったりした翌日の元旦の朝に、女性陣だけにのんびりできるのってうれしいですよねぇ~。(と言いながら、実家にいるときは私もなぜか男性陣に数えられて手伝わされたりしてましたが)

そしてなぜか「めちゃめちゃ具だくさん」な雑煮を作るという風習があります。具が、30種類くらい入れて作るんです。具の種類は決められているわけではなく、あるもので作るのですが、家にある食材、総動員です。ほとんど鍋状態の中に餅が入ります。そんなに具だくさんで作ると、大きな鍋で作らないと入りきらないわけで。三が日ずっと、お雑煮を食べ続けてたりします。

で、その具だくさん雑煮を食べ終わったころに、「あっさりしたお雑煮、食べたいよね。」とシンプルなお雑煮(鶏もも、ミツバ、ネギくらい)を作って食べたりします。

男が雑煮を作ると言うのは、結構あるみたいですが、具だくさんは聞いたことないんですよねぇ。

お正月にはTVで全国のお雑煮を紹介するのを見てると、いつも気になる、あんこ餅が入ったお雑煮。一度食べてみたいです。

mochi 008 

写真はあっさりバージョン。元日の朝の雑煮は、急ぎすぎてて写真を撮るの忘れてしまったので、2日の朝のです。餅を焦がしてしまったので、引き気味で(w。アップにすると焦げカスが浮かんでたりします。


冬おでん [料理]

またちょっと間が空いちゃいました。その間、親が入院して急きょ、北海道に帰省してたりしてたので。(そのうち病院通いの合間に北海道で食べたものの記事が入ったりします)

おでんや鍋がおいしい季節になりましたね~。初秋におでんを作った話を書きましたが、そういえば寒くなってからおでんを作った話を書いてなかったなと写真を撮ってみました。実はすでに何度かおでんを作ってます。

ho 0021杯目。

大根、卵、巾着もち、☆里芋、☆ロールキャベツ、☆牛スジ、ちくわ

☆が付いているものは、通常、実家では入れていないものです。ロールキャベツは普段、入れないのですが、スーパーで激安だったので入れてみました。コンビニとかではよく見かけますよね。野菜が不足しがちなおでんには、あってもいいかなと思います。

ho 006 2杯目。

ちくわ、☆鶏手元、さつま揚げ、巾着もち、☆玉ねぎ、大根、卵、里芋

牛スジ、鶏手元など肉系は実家のおでんには入らない(代わりにツブ貝など魚介類)のですが、おでん屋さんとか友達の家で食べるおでんに肉系が入ってるのがおもしろくて、自分で作る時にも入れるようになりました。でも、牛スジ、スーパーで売ってるやつってあまりおいしくないんですよね....なんというか変な臭みがあったり。

自分で作るおでんは、作る時に安かったものが入ってくるので、中身が安定してません(w。大根、卵、ちくわがレギュラーで後は買物に行った時に安かったものが入ってきます。

玉ねぎは、友人の日記で入っているのを見て、なるほどーと思って試してみました。小さめの玉ねぎを入れて、溶けない程度に煮込むと甘くておいしい~。前回、早めのタイミングで入れてみたらトロトロに煮崩れてしまったので、今回は煮崩れないように、夜、作って最後に玉ねぎを入れて、余熱のみで煮てみたら煮崩れすることなくきれいにできました。余ったおでんにルーを溶かしておでんカレーを作ったりするのですが、玉ねぎ入ってるとますますおいしくなりそう。なかなかいいですね! (今回は余らなかったけど)

おでん屋さんでたまに見る、トマトのおでんもおいしくて好きなのですが、まだ試したことないのでそのうちやってみようと思いつつ、すでに2回冬を越しちゃってます。


弟のトムヤムクン [料理]

最近、弟がここ2カ月くらい、トムヤムクンにはまっていて、2週に1回くらいのハイペースでトムヤムクンを作っているらしい。へえぇ~!!? そんなにタイ料理好きだったっけ!?

で、何度か試行錯誤を重ねてようやくおいしくなってきたというトムヤムクンで誕生祝いをしてくれるというので弟カップルのうちへおよばれされました。

弟と私は大学に通うために上京して、節約のために同居しはじめ、社会人になってからも割と長いこと一緒に住んでいました。学生時代は私がごはんを作ってたのですが、私が働き始めていきなり研修などで深夜に帰るようになると、最初のうちはお弁当を買ってしのいでいたようですが、ある日帰ると、「お弁当は飽きたから、自分でごはん作ってみたんだけど、みそ汁がおいしくない。」と、ダシなしのお味噌汁を出してきました。「ホンダシを入れたら食べられるよ。」と教えてあげたら「おぉ~。ほんとだ。おいしくなった!!」と感動してたのを思い出します。

その後は、私が作ってるのを手伝いながら側で見ながら真似したり、実家に帰った時に母に教えてもらったり、料理の本を見てチャレンジしてるうちに弟はメキメキと腕を上げ、私が遅くなるときには率先してごはんを作ってくれるようになり、いつの間にか魚をさばいたり、凝ったものも作れるようになり、私に同じ食材を使った料理対決を挑んできたりするように。今では「料理が趣味」と言っちゃうくらい。私の「誉めて伸ばす」教育が良かったのでしょう。きっと。(ということにしといてください) あの頃はまだ、あまり台所に立つ男って一般的じゃなかったけど、今やあたりまえですよね。

一緒に住んでた時にも、時々、中華鍋を買ってはチャーハンにはまってしばらくは毎週週末のランチがチャーハンになったりしてましたが、どうやら今はトムヤムクンが熱いらしい。トムヤムクンを作る材料を買うためだけに、アメ横センタービルまでお買い物に行っちゃうらしい。(私もまだ、ベトナム料理教室で習ったメニューを作るために、おすすめされているにも関わ93all 002らず、行ったことないのに....)

作ってくれたトムヤムクンは、完全に和風な土鍋で作ってるというビジュアル的なミスマッチに反して本格的なお味で、エビもイカもプリップリだし、レモングラスなどの新鮮なハーブが効いてて、辛さも絶妙。とってもおいしかったです。でも、最初からパクチーを入れちゃって色が悪くなってしまい、見た目がイマイチなので今回は小さな写真で(w。きっと次回はもっと見た目にもおいしいのを作ってくれることでしょう。(あー、知人のタイ料理研究家、らーぷさんの本物を食べさせてあげたいなぁ)

93all 003 ちゃんと、 ケーキとシャンパンに、プレゼントも用意してくれて、かわいい彼女と一緒に、Happy Birthday の歌もうたってくれました♪ 今更お誕生日という年でもないけど、祝ってもらえるのはやっぱり嬉しいですね。

ごちそうさまでした。ありがとう! また今度、さらにパワーアップしたトムヤムクンを食べさせてね~。


突撃! 友達ん家の晩ごはん!! [料理]

夕方、突然のお仕事の依頼で都心に出ることになったので、ついでにしばらく会ってなかった都心に住む友人にMailしてみました。ただいま練習中の手技があるので練習させてもらえないかなぁと。

かなーり突然のことにも関わらず、友人は「今日、ちょうどヒマー。最近会ってないから気になってたの。」と快諾してくれました。行ったら、夕ご飯も用意してくれました~! 野菜たっぷりのまぐろの漬け丼です。オクラとみょうがと漬けってあうねぇ。ビジュアルもバッチリです。

cho 021

おいしいご飯をごちそうになり、たくさん練習させてもらっちゃい、その上感謝されちゃいました。喜んでもらえて私も嬉しいよ。あー、いい友達を持って幸せだなぁ。ありがとうRちゃん!!

実は、その友人宅の家に行くのが久しぶりすぎて、ちょっとだけ道に迷ってしまいました。いくら方向音痴だからって、何度も行ったことあるおうちなのに....はうー(ToT)。今度は、道を忘れる前にまた、遊びに行くからね~。


おみやげ☆マーボー茄子 [料理]

今練習中の手技の練習台になってくれるついでにと、友達が泊まりに来てくれました。おみやげに、手作りのマーボーなすと友達の超オススメの梅にんにく漬けをもってきてくれました。ありがとう!! ネタ切れぎみだった&おでかけばかりしててお買いもの行ってなかったので、助かるよ~。泊りに来てくれた夜は、作っている時間がなくて外で食べちゃったので、泊ってもらった朝ごはんでいただきました。

sa 007

マーボーなす。朝ごはんにはどうなんだ!? ま。私は朝ごはんからステーキとかでもOKな人なので、朝からボリュームたっぷりでも全然大丈夫なんですが。

sa 008 

朝の献立。おみやげマーボーなす☆、梅にんにく☆、キャベツサラダ、ニラ玉、タマネギといりこのマリネ、ゴボウのゴマ漬☆、白米☆、シジミ汁。

☆の付いているものが頂き物です。我が家の食卓は、半分がいただき物で構成されているらしい(w。ありがたいことです。

梅にんにくは、ニンニクの特有のにおいが口に残らないのでいいですねー。ニンニクは大好きなのですが、接客時に翌日臭いが残るとまずいので、けっこう食べたいの我慢しちゃいます。だけどこれなら思い切り食べられますね!


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

秋のおでん [料理]

9月に入ったばかりのある日、友達の日記に「ここのところ寒いので」とおでんを食べたと書いてありました。その日、私は寒いからシチューが食べたいなぁと、ホワイトシチューを作ったのでした。「みんな、似たようなこと考えるよねぇ。」と思いながら読んでいたのですが、友達の日記にのっていたおいしそうなおでんの写真を見て、無性におでんが食べたくなった私。今度寒くなったらおでん作るぞ~! と燃えていたのでした。

翌週のある日、夕飯を食べてからテレビを見ていると、天気予報で翌日雨が降って肌寒くなる予報が。「よーし、明日はおいしいおでん食べるぞ!! まずは買い出しだ!」と、昆布を水に漬けてから近所のスーパーに繰り出しました。だけど、ごくごく近所の小さなスーパーではまだまだおでんの需要がないからか、入れたかった牛スジとか銀杏とか餅巾着とかがありません。餅巾着は作ってもいいけど餅買っても余るしなぁ.....。と諦めて、あるものだけで作ることにしました。

ゆで卵作って、ダシとって、野菜類を先にゆでて、厚揚げやさつま揚げを油抜きして.....翌日は寒くなるとはいえ、この日は残暑厳しく、暑い中での作業だったのでかなり汗だくです。でも、これも明日のおいしいおでんのため。

実家のおでんには春~夏の間に採って塩漬けにしたワラビやフキ、ササノコなどの山菜類がたっぷり入るのですが、こちらではなかなか手に入りません。あと、マツブなども頑張れば手に入らなくはないけど、高いので入れられず。さらに好きだからと里芋入れたり、鶏手羽元入れたり、好きじゃないからとこんにゃくを入れなかったり、かなり実家のとは違う味になっちゃってますが、隠し味にしょっつるを使うところは変わりません。今回、久しぶりに作ったので、乾シイタケを入れ忘れちゃいました。あと、今回、おでんを作るきっかけになった友人宅のおでんには丸ごとタマネギが入っていて、それがとってもおいしそうだったので採用してみました。

さて、これで準備万端。と夜中にほくそ笑む私。

翌朝、目覚めると、なぜかとっても良い天気です。あれれ? 雨降るんじゃなかったっけ? 天気予報では雨は午後降って夜は冷えるらしい。まぁ、夜寒くなるならいーか。取りあえず、朝ごはんにちょっとだけおでんを食べてみたら....ダシがしみしみでおいしーい!! 夜ごはんに期待が高まります。

なのに、なのに、雨は降らず、夜まで暑いままでしたΣ(-∀-;)。

夕飯時、来客があったのでおでんを出すと、「なんでこの暑いのにおでん?」と訝しがられる始末です。ガッカリ。まぁ、おでん自体はおいしかったからいいのだけど、なんか季節先取りしすぎな感じでした。

翌日は、これまた残暑の厳しい日だったので、残ったおでんを冷蔵庫から出した冷え冷えの状態で食べてみました。うーん、この季節、こっちのほうがおいしいかも。

 od 002

ということで、これは冷たいおでんのほうの写真です。余ったものばかりでかなり色のバランス悪いですが。

今度は2,3日寒さが続きそうな時にまた、作ろっと。その前に、鍋かな。


nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

マイぬか床 [料理]

nuka 002スーパーで売っているぬか漬けって、数種類の野菜がセットになっているので以前からよく買っていました。でも、以外と高いんですよね。実家は漬物をよく作る家なのでぬか床ももちろんあったので、なんか漬物に高いお金を払うと損したような気分になるのです。(お漬物専門店のは別です。スーパーやコンビニで売っているような少量で高いやつ)

ある日、ぬか漬けは乳酸菌もビタミンBもたっぷりでとても体によいと聞き、ぬか床が欲しくてたまらなくなった私。でも、ぬか床ってよく、毎日かきまぜないとダメとか聞くので、維持する自信がなかったんですよねぇ....。

ところがそんな時、NHKの『ためしてガッテン』で「ぬか床は毎日かきまぜない方がおいしい。」というのをやっていて、「毎日かきまぜなくてもいいなら、私でも大丈夫かも!」と思ってぬか床買うことを決心。どのぬか床名人のぬか床を買おうかな~と物色してたのですが、ふと気付くとスーパーに売っていた「ぬか漬けパック 800g」なるものを買っていました。ビニールパックの中にぬかが入っていて、水を足したらすぐに漬け始められるというお手軽な品です。しかも、パックのまま冷蔵庫に入れることができてとっても便利。

作りたてのぬか床は最初はなんか変な味で、さらにとっても塩が効きすぎていてまずかったのですが、2ヶ月くらいでおいしくなりました。2月に作ったので、ようやく半年くらい維持しています。

家にぬか床があると、ちょっとシナっとしてしまった野菜とか、余った端きれ野菜が無駄にならなくて済むのでとっても便利です。大根とかって1本使い切るのおでんでも作らなきゃ結構厳しかったりするのですが、ぬか床、重宝しています。朝ごはんでおかずないときとかも手軽に野菜が取れるのが嬉しいです。しかも、冷蔵庫に入れているから混ぜるのも3日に1回とか、1週間に1回とかでも平気だし。(その分、ちょっと漬かりは遅いけど)

普段、売ってないものでぬか漬けにしたらおいしかったのは、新ショウガ、ミョウガ、玉ねぎ、パプリカです。特にパプリカは甘くておいしい! まだやったことないけど、スナックえんどうとか、アスパラとかもおいしそうだなぁ。

とか言いつつ、やっぱり王道のなすとキュウリはおいしいよね! ということで、あんまり冒険したことなかったりするのです。

今欲しいのはこちら。ぬか床保存のためのホーローです。パックも手軽でいいのですが、パックのままだとたまに、倒れて水分がこぼれ、冷蔵庫の中がぬか臭くなってしまうことがあるのです。


葉トウガラシのつくだ煮 [料理]

さらに、道の駅花園で買ったものの話題。

pep 002 葉トウガラシが売っていたので、買ってみました。前に葉トウガラシの佃煮をどこかからのお土産にもらっておいしかった記憶があるので、自分でも作ってみようかなぁと思って。実家の家庭菜園でもトウガラシは作ってますが、多分、葉は食べてなかったような....。(他に、食べるものいっぱいありすぎて)

冷蔵庫に、2日くらい入れておいたら、葉がくたっとしちゃいました。だけど、中にいた青虫は元気! 付いていた葉っぱごとリリースしてあげました。なんだか、洗っても、洗っても、細かいゴミが出てくるのはなんでだろう!!?

最初に、葉と実を分けます。実(唐辛子)は中にわんさか隠れてます。

pep 004

葉は、さっと湯がいて水にさらしてから軽く刻んで、醤油、酒、みりん、水、少量のダシをとるのが面倒だったので、余っていたちりめんじゃこで代用。白ゴマもいれちゃいました。葉を湯がいてるときに、上がっている湯気を吸いこんだら鼻の奥がちょっと熱いというかムズムズするような感覚だったので、「あぁ、葉もちょっとは辛いんだぁ。」って思ったのに、味見してみると、全然辛くない。ちょっとは辛みが欲しかったので、青唐辛子を刻んで入れました。

あとは水分が飛ぶまで煮るだけ。簡単!!

pep 007

レシピはこちらのものを参考にしました。 http://manmatama.exblog.jp/5869895/

油揚げ入れてもおいしかったかも。あと、ごま油で味噌炒めとかしてもおいしそうだなぁ。今度、母にメニュー開発しておいてもらおうっと。pep 005

唐辛子は、マイルドな辛さだったら、油炒めにして食べたかったのですが、ちょっとかじってみたらかなり辛かったので、醤油漬けに。実家でも多分、唐辛子を持て余すんだと思いますが、秋ごろ帰ると必ずと言っていいほど、唐辛子の醤油漬けを持たされます。唐辛子にしょう油をドボドボ注ぎ、ビンを冷蔵庫の奥にしまおうとしたら.....今年の春に父が上京してきた時に持ってきた、唐辛子の醤油漬けを発見してしまいました。

 

まぁ、しばらく寝かせておくか。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
メッセージを送る