So-net無料ブログ作成
検索選択

こけら落としの歌舞伎座へ! - 2013お江戸観光 #3 [おでかけ]

#2からの続きです。

東京スカイツリーがあっという間に終わってしまった平日の朝10時。とりあえずソラマチがオープンしたのでお茶しながら、どこか行きたいところはあるか田舎から上京中の母に聞いてみました。すると、なんと「最近ニュースとかでよく見る歌舞伎座って遠いの!?」というではありませんか。「え? 歌舞伎とか興味あるの?」って聞いたら「いや別に。でも、なんかふと思いついてさ。」って、歌舞伎座なんてノーマークだよっ!!?

とりあえず、気を取り直して一度、宿泊予定の宿に母の荷物を預けに立ち寄ってから銀座に向かいました。正午前に銀座についてちょうどお腹が空いていたのでランチを食べ、ブラブラと歌舞伎座に向かいました。

NEC_0028

おおお。テレビで見るのと同じく、後ろにビルがくっついてる!! 13時ちょい前に着いた歌舞伎座の前は、賑わっていました。観劇する人だけでなく、新しくなった歌舞伎座の写真を撮るだけの人もたくさんいるようです。2013-04-22 14.11.57_R

歌舞伎座入口の左手に行列ができていました。一番後ろにいたお兄さんが 「一幕見はこちらが最後尾です!!」と案内しています。2,3日前に朝の情報番組かなんかで見た.....2000円で一幕だけ後ろのほうで歌舞伎見れるやつだ......。

お兄さんに「これ、並んだらどのくらいで見れますか?」と聞いたら「1時間10分後に、チケット発売です。立ち見になりますが。」とのこと。母に「見てみる?」って聞いたら「一生に一度くらい見てみたいわ。」というので並ぶことにしました。

私は実は歌舞伎は2回目。前回見たのは歌舞伎座改修前の2010年3月の歌舞伎座さよなら公演でした。観たのは「道明寺」と「石橋」。2等席 11,000円でした。3時間くらい見てたから、雰囲気味わいたいだけなら半分でも充分だよね。それにしてもスカイツリーからの新・歌舞伎座。東京の人にとってもなかなかハードなプランです(笑)。

並んでいる間にスマホで調べもの。とりあえず私たちは何見るんだろ....!? チケットを買えるようになる1時間10分の間、ヒマなので色々調べておくことにします。前に見るときに、あんまり予習しないで行って、イヤホンガイドとプログラムの解説がなかったら太刀打ちできなかった感じだったので。(どうせ待っている間ヒマだし)。これ、大正解でした。ここで予習してなかったら、全くついていけなかったかもしれません。スマホ持っててよかった....。

2013-04-22 14.14.47_R私たちが見れるのは、第二部 第一幕の 「弁天娘女男白浪(べんてんむすめめおのしらなみ)」 という楽しい演目らしい。弁天小僧という白浪(泥棒のこと)が出てくる演目です。弁天小僧ってなんか聞いたことあるぞ。あらすじをわかりやすく解説してくれているブログ「歌舞伎見物のお供」の解説にお世話になりました。

私たちがチケット購入できるようになった14:10頃には次の「忍夜恋曲者(16:40開演)」に列ができ始めていたので、2時間以上待てば座席で見ることができたんだと思いますが、ちょっとそこまでの体力はありませんでした(^^;)。一人で来て本読みながら待ってる方とか、着物でいらしてる方とか、杖ついてて足が悪そうな方とかもいて、待つの大変だなぁみんな体力あるなぁ。

結局、70分並んでチケットを買って4階の立ち見席へ。けっこう高いところから見下ろす感じなんですね。思ってたよりも舞台から近いです。(ここでも、スカイツリーに行ったときと同じく、双眼鏡持っていればよかったと後悔することになるとは--;) 真ん中に陣取りました。開演までの間にトイレに行ったりとさらに待つこと30分14:40に幕が上がりました。

2013-04-22 14.32.30_R

母の感想は「あらすじ聞いてたからなんとか話はわかったけど、セリフはなかなか聞き取れないねぇ。でも、衣装とかキレイだし、松本幸四郎さんとかかろうじて知ってる人出てて良かったわ。あと、歌舞伎って結構笑えるんだね。」とのこと。なんとか喜んでもらえたようで良かったです。(でも最初から歌舞伎見たいとか言われたら結構お金かかっちゃったので、これはこれで良かったかも!?)

でもさすがに朝イチのスカイツリーからと立ちっぱなしの時間が長かったので足が棒になりました。一幕見の座席の一番後ろに立って見てたので、たまに足が痛くなった時に座ったりできたのでまだなんとかなりましたが、けっこう体力いりますね。

夜は宿泊先の近くの下町の居酒屋へ。長い長い一日でした。


nice!(4)  コメント(0) 

やっと東京スカイツリーに登りました! - 2013お江戸観光 #2 [おでかけ]

#1からの続き)

エレベーターであっという間に地上350mの展望デッキへ。左は上りで乗った春のエレベーター。右は下りで乗った秋のエレベーター。あっという間に着いちゃうので、写真撮りたい人はカメラを出したまま乗りましょう。

2013-04-22 08.52.53_R2013-04-22 09.49.21_R

着いた~! 地上350mの展望デッキです。エレベーターを降りた人は一斉に正面の窓に向かいますが.....私たちはそのままスルーして右手にある展望回廊(450m)へのチケット売り場へ。私たちの行った平日朝9時では10人も並んでいませんでしたが、混んでいる時はここも並びそうです。

2013-04-22 08.54.01_R

展望デッキから展望回廊へのエレベーターは、天井が透明で、ぐんぐんすごいスピードで上って行くのがわかるのでスリルがあります。また、途中で扉側も展望エレベーターになる瞬間があり、かなりヒヤッと感が味わえます。ビデオ持っている方は録画しっぱなしが良いかも。

下の写真は1枚目がエレベーターの天井と、2枚目が一瞬、ドアが展望エレベーターになったとこ。私はたまたまカメラ手に持ったまま乗ってたのですぐに撮れましたが、周りの方はカメラ探しているうちに終わってしまっていました。

2013-04-22 09.01.09_R2013-04-22 09.01.13_R

扉が開いてすぐに、私たちはフラフラと右手にあった記念写真スポットへ。そういえば私、この日は写真はたくさん撮っても、母との写真を撮ってなかったのでせっかくだから撮ってもらうことにしました。1枚1200円ですが、自分たちでは撮れない角度で撮ってもらえるし、いいんじゃないでしょうか。ここも、私たちがワイワイ言いながら写真を撮ってもらっている間にあっという間に行列ができていました。(写真は、出来を iPad ですぐに確認して、気に入らなかったら撮りなおしてもらえます)。

展望回廊は、緩やかな上り坂。

2013-04-22 09.08.282013-04-22 09.12.55_R

すぐに足元に、隅田川が見えます。この日は雲一つない晴天で、とても見晴らしが良かったはずなのですが、霞みがかってて遠くはモヤモヤ。肉眼ではうっすら富士山が見えていたのですが、デジカメにはうまく写りませんでした。

2013-04-22 09.12.11

北海道から来た母よりもむしろ、東京在住の私のほうが、知っている建物がどこまで見えるか夢中になって、先に進むのに時間かかってたりして。双眼鏡がほしかったかも.....あと、地図持ってたらさらに楽しかったかも.....。

展望回廊は2階建てになっていて、同じ景色を2周できるので、見たい場所が混んでてよく見えなかったとしてももう一度チャンスがあります。1階の窓では近くを、2階の窓は大きくて遠くまで見渡しやすいので遠くを見るというのがよさそうです。

2013-04-22 09.34.55

1時間近くのんびり眺望を楽しみ、エスカレーターで展望デッキに降りました。ここにはお土産屋さんとCafeとレストランがあります。お土産屋さんは大混雑です。中に入ると身動きが取れず、何があるかも見ないで出てきちゃいました。Cafeは興味はあったのですが、並んでたのでスルー。レストラン634は、最初予約しようかと思ったけど1か月前でも予約いっぱいだったのでした。おしゃべりしたいだけなら、エスカレーターとエレベーターの間のスペースにいくつかシートがあるので、ここに座って景色見ながらおしゃべりとかもいいかも~。混んでる時間帯だと無理かなぁ。夕方にここ座って、沈む夕日2013-04-22 09.46.40_Rとか見れたら最高だろうなぁ。

写真では暗くてわかりにくいけど、エレベーターで降りる手前に、一部透明な床があります。高所が苦手な人にはかなりスリル満点!! 私も端っこに足を乗せるのがギリギリでしたが首元がかなりヒヤっとします、真ん中までずかずか歩いて行ってなんともない猛者もたくさんいました。床がちょっと傷だらけになってたのが残念です。

下に降りると、ちょうど10時くらいでした。予約の人用の列にすでに人が並んでいます。当日券のカウンターにも人が並んでいたので、どうせ朝行くならやはり、朝イチ(9時より前)がおススメです。2013-04-22 10.02.28_R

下から見上げると、やっぱりでかい!!

2013-04-22 09.59.48_R

ソラマチが開いたので、お茶しました。元々はもう少し遅い時間に家を出てスカイツリーに10時くらいに着く予定だったので、チケット買ったり、エレベーターに乗ったりで1時間くらい待って、降りてきたらランチにいい時間帯かなと思っていたのですが、8時半という予定よりも1時間以上早くついたおかげでスムーズに登れてしまい、時間がたっぷり空いてしまいました。ランチにはまだまだ早いし、母は水族館には興味ないというし、さて、どうしよう.....。

スカイツリー、大満足です。やはり、お天気の良い日に登るのいいですね! 夕方、スカイツリーが見える地域の居酒屋さんに行ってそこで地元の方たちに聞いたところでは、平日の夕方(15時とか16時とか)はガラガラだそうですよ。なので、観光客以外の方はその時間を目指すのもよいかもしれません。

#3へ続く


1周年の東京スカイツリーへ行こう! -2013 お江戸観光 #1 [おでかけ]

久々の更新です。

5年ぶりくらいに上京してきた母といっしょに、1日東京観光へ。来月で開業1周年となるスカイツリーに行くことにしました。私は東京に住んでいますが、スカイツリーの足元まで行くのも初めてです。いつも電車の中とかから見て「すごいなぁ~。そのうち登りたいなぁ~。」と思いつつ、近くにいるとなかなか行かないものですね。逆に、北海道の友達のほうが行ってる人が多かったりして。

今回、行くにあたって、チケットをWeb予約するか当日券で行くか悩みました。チケット予約しておけば前後の予定は決めやすいけど、お天気悪かったら登らないでソラマチとかすみだ水族館とか行くほうが楽しいかなぁ....とか。

今月の東京は不安定なお天気で風の強い日が多く、雨も多くて、予約してもコンディションの良い状態で見れるかどうか微妙だったので、平日だし朝イチだしということで、当日券にしました。(実は、天気予報が大丈夫そうだったので2日前に予約しようと思ってWebチケットシステムにアクセスしたのですが、3日先の分からしか予約できないということに気付いたのでした^^;)。GWは予約でいっぱいだし、5月の週末も土曜日はすでに全滅です。やはり週末は混みますね~。

準備のポイント

  • 安く抑えたい人は当日券。予約だと1人2500円だけど、当日券なら2000円です。
  • 予約する場合は、Webチケット(http://www.tokyo-skytree.jp/reservation/) で2か月前から購入できます。アカウントを先に作っておきましょう。土日祝は1か月前だと売り切れている日もあります
  • 平日でも3日以上前に予約しないと、買えなくなります。
  • 時間に余裕がない旅行者にはやはり、予約がおすすめ。ただし、強風でエレベーターが運行中止の場合も多々あります。また、悪天候で景色が見えない日でもエレベーターが稼働している日は払い戻しできません。
  • 旅行者でも時間に余裕のある人は平日に当日券にチャレンジするのは充分アリでしょう。

2013-04-22 08.40.07_R当日は晴天で、絶好のスカイツリー日和!! 朝6時前に家を出て、池袋近くの弟宅に泊まっている母をピックアップしたのが平日の朝7時。キャリアバックを持った都会に慣れない母親と混雑するJRや地下鉄を乗り継ぎながらスカイツリーに向かうのは大変そうだったので、のんびりと浅草寿町行の都バス「草63」で浅草に向かいました。1時間10分くらいで浅草に到着しました。都バスの旅、結構楽しいですね。ずっと座っていられるのも助かります。

終点の浅草寿町から都営地下鉄浅草線に乗り、押上駅に8:40ごろ到着しました。こんな近くでスカイツリー見るの初めてで大興奮です。エスカレーターを乗り継いで4Fのチケット売り場に直行しました。

押上から行くと、左入口が前売り券を持っている人の入口。建物の右手に当日券の人用の入口があります。どちらも建物の外まで並んでいる人はいませんでした。

2013-04-22 08.43.51_R2013-04-22 08.44.23_R

ここまでの間に荷物を預けてない人は、当日入場券購入の人用の入口の奥に最後のコインロッカーがあるので、ここで入れていきましょう。(10時ごろにはいっぱいになっていて、空くのを待っている人が数組いたので、駅とかでコインロッカー見つけたら先に入れちゃうほうが得策です)

2013-04-22 08.46.36_R

当日券のチケット売り場はガラガラでした。350mの展望デッキまでのチケットを購入した先で、予約している人たちの列と合流するのですが、予約組がざっと50名くらい並んでいたのに対して、当日券組は5人しかいませんでした。予約組は旗を持ったツアーの年配客が多く、地方から来た方ばかりのようでした。

チケットを買ってから、5分もたたずにエレベーターに乗れちゃいました。エレベーターは四季に分かれているので、登るときにどれに乗ったか覚えておくと、帰りに違うエレベーターに乗る楽しみがありますよ♪

あと、上にあがってしまうとトイレが少ないので、不安な方はエレベーターに乗る前に行っておくことを強くお勧めします。(上で行こうとするとだいぶ並びますよ~)

#2へ続く


nice!(1)  コメント(0) 
メッセージを送る