So-net無料ブログ作成
検索選択

食べた! アイダホバーガー [テイクアウト]

idaho 001_Rなんか最近クセになっています。マクドナルドの Big America シリーズ。普段、ほとんどマクドナルド行かないのに.....。3週間に1度くらい更新されるというのが「そろそろまた食べてもいいかなぁ。」という気にさせられてしまう感じです。

Big America2 の第2弾はアイダホバーガー。アイダホというとポテトのイメージでしょうか。またしても先入観なしで購入。携帯のクーポン利用したら710円だったかな。ポテトLが付いてきてしまい、出してみてびっくり。Lポテトと並べると、バーガーが小さく見えてしまう^^;。

ちょっとピンぼけしちゃいましたが、箱を開けたところ。バンズがちょっとテキサス2バーガーより小さいのかな? それともパテが大きいのかな? バンズからパテがはみ出しています。

idaho 003_R

断面です。上からオニオンのマスタードソース和えの下にピラピラのベーコン、朝マックでおなじみのハッシュドポテト、ビーフパテ、チェダーチーズスライス、ペッパーソースの順かな。元々朝マックのハッシュドポテトが好きで、100円マックの中にハッシュドポテトが入ればいいのにと思っているので、これは嬉しい。

idaho 006_R

食べた感想は、「今まで食べたBig Americaシリーズの中で一番好きな味かも!」です。他のやつはソースの味が濃すぎてせっかくのビーフパテのお肉の味がよくわからなかったのですが、全体的に味がソフトなのでガツンと牛肉の味がします。バンズもオニオンもポテトもほのかに甘くてお肉の味を引き立ててくれる感じです。それにしてもアイダホはやっぱりポテトなんですね! イメージ通りです。


これ食べた日の夜にふと思い立って、その日1日食べた物のカロリーを計算してみたのですが、私の年齢と体型的に1日に取るべきカロリー数が 1,748kcal なのに対して、この1食だけで1,465kcal もありました。お、恐るべし。アイダホバーガー!


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

たなぼた庵(川中島)蕎麦 [麺どころ]

菅平高原最終日は、天候がイマイチだったので少し早めに撤収し、お蕎麦を食べて帰ろう! ということになりました。目指すは帰りの車の運転手さんが地元民の友人から教えてもらったオススメのおそば屋さん「たなぼた庵」。あの武田信玄と上杉謙信が激戦を繰り広げた 「川中島の戦い」の舞台となった川中島にあります。周りはなんにもなく寂しいところにお店があります。知らないと来れないなぁ~。

suga 090_R

可愛らしい木造建ての外観です。あまり交通の便のよくなさそうな立地に建っているのに建物の前の駐車場は、ちょうどお昼時ということもあってかほぼ満車でした。さすが地元の人おすすめのお店。人気ありです。

suga 085_R

1階は普通のテーブル席。ロフトが座敷になっていて、私たちはロフトに案内されました。この作り、おそば屋さんとしては珍しい。ちょっと山小屋っぽいですね。

suga 082_R

なんだかほのぼのとしたイラスト付きのメニュー。そういえばロフトにも鉄腕アトムなどの昔の漫画の原画(コピーかも?)が飾られていたけどご主人がマンガとかイラストがお好きなんでしょうか

友人曰くここの大盛は見たことのないようなものすごい大盛で、麺の量が半端なく多かったらしいのですが、メニューに「大盛は8月31日で終了させていただきました、。」と書いてあり、見ることはできませんでした。

suga 088_R

私がオーダーしたのはかももりそば1250円。少し平べったい細めの麺でツルツルののどごしがおいしいお蕎麦です。つけ汁にはカモ肉がたくさん!

suga 086_R

友人オーダーの天もりそば。これもおいしそうだったなぁ。

suga 087_R

そして中もりそば600円! これは多いなぁ。コストパフォーマンス抜群ですね。これで「中」ということは大もりそばはものすごいことになってたんだろうなぁ。

やはり知らない土地では地元の方におすすめしてもらうと確実ですね!

たなぼた庵 そば(蕎麦) / 川中島駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

菅平スキー場でリゾートスキー気分 [旅]

今シーズン2回目のスキーは1.5泊で長野県の菅平スキー場へ行ってきました。この間の野沢温泉もどか雪でしたが、今年は菅平も雪が多い~!!

菅平にくると必ずお世話になるプチホテル ゾンタックさんは、とっても居心地のよい宿。今回は約50名近くの大所帯でお邪魔しましたが、いつもの通りとっても楽しく過ごすことができました。ここ、お食事がおいしいんです♪

1日目夜中に到着して2日目の朝。この日はやや曇り空ですが前日雪が降ったらしく絶好のコンディション。今までは菅平に来ると寒い中大松ゲレンデでガシガシ滑ってたのですが、今回は朝も割とゆっくり目にゲレンデに向かい、友人たちにくっついて太郎・ダボスエリアに行ってみました。

まずは裏ダボスの頂上へ。頂上には真田幸村(?)の顔出して撮れる看板があったので撮ってみたりして☆。この辺りは真田の里なんですね~。ここのところの戦国武将ブームのおかげか、スキー場以外でも真田の家紋、六文銭のマークをいたる所で見かけます。

suga 017_R suga 019_R

suga 023_R軽く滑ってからおいしいランチが食べられるという裏太郎のペンションTAKEOへ。混むというので12時前に行きました。こちらのペンション、ゲレンデの中腹の森の中にあるかわいらしいペンションで、ランチタイムにはレストランがオープンします。予約もできるようなので、今度来るときには予約しておこうっと!

ペンションTAKEO: http://www.asahi-net.or.jp/~as8t-ueb/

こちらなんと、ヒューガルデンホワイトの生がありました!! 昼前から乾杯~!! わーい。スキー場でヒューガルデン飲めるなんて嬉しい♪ これで完全にリゾートスキーモードのスイッチが入りました。ランチメニューはカレーライスが充実していて、私が食べたオリジナルタイカレーもとってもおいしくてスキー場で普通に食べるカレーとしてはかなりレベル高かったです。

suga 025_Rsuga 028_R

ビールですっかり気分が良くなって、曇り空から段々、晴れて見通しよくなってきたので奥ダボスの上の方へ登って行けるスノーキャットに乗ってみよう!! ということになりました。

suga 032_R

↑こんな雪上車に乗って根子岳の頂上まで行き、滑って降りてこられるらしい。+3000円です。へぇぇ~。菅平は何度か来てるけど、こんなのあるの知らなかった!!

20分くらいかけて頂上へ向かいます。車内は結構広くてたくさん乗れそうですが5人で貸切状態でした。ワクワク。結構揺れるので捕まっていないと転がりそうな場面もあります。終点に到着! ガイドさんがいて、色々説明してくれます。登ってくる途中、晴れててとてもキレイだったのですが頂上ではガスってました。晴れていれば360°のパノラマが広がるらしい。見たかったなぁ。 午後よりは午前中のほうが景色がよいことが多いそうなのですが、私たちの行ったこの日は午前中は全く視界がなく、午後のほうがマシとのことでした。

suga 037_R

suga 044_R

せっかくなのでガイドさんが教えてくれた、根子岳の頂上を目指します。スキー板はつけず、ストックを持って登っていきます。

suga 049_Rsuga 047_R

周りは蔵王の樹氷のような(って実物はまだ見たことないのですが)、モコモコと雪のついた木に囲まれていてなんだか幻想的な風景です。頂上に到着すると、ちっちゃなお宮が。わー、なんかパワースポットっぽい。ここも晴れていたらすごい景色が広がっていそう。参拝してすぐに下山開始しました。

suga 051_R

スノーキャットで登ってきた道をスキーを装着して降りて行きます。誰もいなくてまるでプライベートゲレンデ。超気持ちいいです! ちょっと脇にそれるとふかふかのパウダーを楽しむことができます。バックカントリーツアーは大変だけど、ちょっと脇にそれるだけでバックカントリーツアー気分を味わえてなんだかとっても楽しい♪ 斜度はほとんどないので初心者も楽しいんじゃないでしょうか。 suga 060_R

こんな感じで新雪にシュプールを残すこともできます。これも楽しい♪

suga 072_R

頂上に登って、ゆっくり降りてくるとおよそ1時間。登ってる時間を入れて全部で約1時間半のツアーでした。1時間半で3000円と聞くとちょっと高いような気もするけど、体験した感覚では3000円以上の価値アリ!です。これで晴れていて頂上の景色がよければ文句なし。今度菅平に来たときに晴れていたら、またチャレンジしてみたいです!

菅平ではスノーシューツアー(スノーシュー=西洋かんじき)やスノーキャットで朝日を見るツアーなんかもあるそうな。また、スノーモービル体験した人たちもいて、そちらもとっても楽しかったとのこと。こんな風に色々雪遊びできるのもいいですよね。

夕飯はゾンタック恒例の炉端焼きに、自分たちで生地を伸ばすところからできる手作りピザ。ほんとおいしくて食べ過ぎ・飲み過ぎちゃうんですよねぇ~。スキーって私の滑り方だと消費カロリーよりも摂取カロリーが多く、スキーに行くたびに太っちゃう。まぁ楽しいからしょうがないか!?

suga 078_Rsuga 080_R

3日目は、朝から雪がチラつき山もガスってて視界があまりよくなさそうだったので帰りの車のメンバーと「滑らないで早く出て、おいしいお蕎麦でも食べて帰ろうか。」ということになり、一足お先に宿を後にしたのでした。

今回のスノーツアーもとっても楽しかったです!!
幹事さん、ゾンタックさん、ご一緒させていただいたみなさまに感謝です。

ゾンタック:http://sonntag.jp/


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

大山詣で#4: シメは焼肉 山西苑(伊勢原 鶴巻温泉) [外ごはん]

極寒の大山詣でを終え、遅めのランチで大山豆腐を堪能した後は温泉でしょう!? でも、一緒に山を登った外人さんたちは温泉には興味なかったらしく解散。残された日本人だけで鶴巻温泉「弘法の里湯」へ。温泉で冷えた体を温めた後は晩ご飯♪ お昼のお豆腐ご膳食べた時にはお腹いっぱいになったはずだったのにさすがはお豆腐。消化がよいのかお風呂に入ってたらお腹が空いてきちゃいました。

温泉に入る前はせっかくきれいになるのに煙臭くなるのは悔しいし、お風呂の付属のお食事処でうどんでも食べるか~と言ってたのに、お風呂上がりに急速に肉を食べたい気持ちが高まり、焼肉を食べることに決定!

「弘法の里湯」へ行く途中においしそうだなーと思った焼肉 山西苑 へGo! 入り口に「ホルモンヌ推奨の店」という看板が出ています。

oo 094_R

ここのメニューの特徴は、1人前2人前じゃなくて100g、200gとグラムで注文できるとこ。そうそう。このほうが分かりやすいよね。安いかどうか計算しやすいし。テーブルの脇には折りたたみ式の秤があり、オーダーしたお肉の重さを実際に測ることもできます。(めんどうだからやらないけど)

oo 103_R

思い思いにオーダーを済ませ、タン塩ネギから焼き焼き開始! みんな肉に飢えてたからガッついてます。

oo 096_R

ハラミ、上ミノ、上マルチョウ、ホルモン、コブクロ.....どれが何だかわからないように、きれいにグルーピングして焼きました。ホルモンうまーい!! 厚木の隣だからシロコロホルモンあるかなと思ったけど、メニューにはなく、普通の(ひらいた)豚ホルモンでした。

oo 099_R

oo 100oo 101_R

イチボ刺しにレバ刺し。レバ刺しが甘くておいしい~。これ、一人で皿1枚食べたかったくらい。

運転手の私以外は軽くお酒を飲んで、デザートも食べてひとり3000円くらいでした。さすがはホルモン安い! 満足満足! それにしても、こんなにホルモン屋さんが増えたのってきっと、B1グランプリで厚木シロコロホルモンが優勝したのが影響してるのかなぁ!? そんな気がします。

東海大学が近いだけあって、巨人の原監督が若い頃に来店したときの写真や柔道家の写真などが飾られていました。

山西苑 焼肉 / 鶴巻温泉駅
夜総合点★★★☆☆ 3.0


大山詣で#3:かんき楼で豆腐膳 [おでかけ]

晴れていたとはいえ真冬の、しかもとっても寒い日に5時間くらいの大山登山を終了した私たち。腹ぺこでこま参道を歩きすぐに目についた「かんき楼」に飛び込みました。

oo 079_R

もともとは旅館だったようですが、お豆腐料理や猪鍋を出すお店のようです。お座敷では山仲間といった感じの団体さんが盛り上がっていました。

oo 076_R

さ、寒い.....熱燗を飲みだすみんな。私は車の運転があるのでお預けです。一緒に行った外人が鹿刺しをオーダーしましたが、冷え切った体には酷な凍ったお刺身でした。私は食べなかったので味はわかりませんが、食べた外人は「冷たすぎて味がわからない。」とのこと。そりゃそーだw。

大山はお豆腐が有名らしいので、お豆腐料理のお膳「楓膳 1575円」をオーダーしました。お昼の時間帯は外していたのでそれほど混んではいなかったのですが、いっぺんに9名分のオーダーが入ったためかかなり待たされました。

すごい腹減り状態のまま20分以上待って、そろそろ限界....と思った頃にようやく来ました!  湯豆腐、冷奴、山くらげ(?)の白和え。山菜豆腐、豆腐田楽、豆腐の味噌汁にご飯。湯豆腐のあったかさが登山で冷え冷えだった体にしみ渡ります。でも一緒に行った肉好きの外人さん達には、ちょっと物足りなかったかも!?

oo 074_R

かんき楼 豆腐料理・湯葉料理 / 伊勢原市その他)
昼総合点★★★☆☆ 3.0

食事が終わって外に出ると、向かいが同じ名前の旅館なことに気づきました。旅館の前でご主人が鉢の手入れをしてたのでちょっとだけお話ししたのですが、ご主人、6代目だそうです。うわすごい! やはり古くからある観光地なんですね。


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

大山詣で#2: ハイキング? 登山! [おでかけ]

ケーブルカー終点からすぐの大山阿夫利神社・下社の奥から登山道は始まります。頂上には我らの目指す大山阿夫利神社・本社があります。看板によると上り90分。下り60分の道のりです。

観光案内所でバス組のみんなを待っている間、登っていく人たちを観察していたのですが、結構みんなちゃんとした登山ぽい格好をしていました。この日、東京以外の場所では大雪が降り、東名高速も静岡などが雪のためチェーン規制が発生していた寒い日でした。私は冬山登山の装備は持っていないので、寒くないようにとスキーウエアの上着を着て、下山時に膝が痛くならないようにと登山用のポールを持参し、疲れにくいロングタイツCW-Xをパンツの下にはき、家を出るときには「ハイキングなのにちょっとやり過ぎ??」と思ったのですが、あながち間違いでもなかったかもと思える感じでした。

oo 020_R

登山道に入ってすぐのところにいたおじさんが、「手前は『本坂』と言ってキツい道。奥の『カゴヤ道』のほうがゆるやかだよ。」と案内してくれました。私たちは「本坂」ルートを選択することに決定。10時半ごろから登りはじめました。

しょっぱなから結構長く急な階段から始まりました。階段が段々、山道っぽくなっていきます。途中、道しるべが出ていて、4丁目くらいからキツくなってきました。頂上が28丁目。

oo 024_R

20分ほどで8丁目の「夫婦杉」という、根本から2本に分かれている大きな杉の木に到着。道が段々、険しくなってきました。こ....これは結構ハードで「ハイキング」というよりは完全に「登山」です。高尾山なんかより全然ツラいです。スキーウエアだと暑くて脱いで腰に巻いていましたが、立ち止まるとすぐに冷えちゃいます。

oo 031_Roo 033_R

途中、海が見えました。

oo 035_R江ノ島や三浦半島がクッキリ! 左に目を移すと.....都心の街並みや、小さいながらも東京スカイツリーが見えました。すっごく分かりにくいけど、一応、写真を載せておきます。良いカメラだともっとちゃんと撮れるのかもしれませんが、私のデジカメではこれが限界。

oo 036_R

20丁目の富士見台では期待していた富士山は雲にすっぽり覆われていました。とっても残念!

oo 039_R

ヤビツ峠との分岐では、ヤビツ峠側の道に雪が積もっていました。右手には「頂上まであと10分」という看板。

oo 042_Roo 040_R

あと10分.....たっても着かない!? 心が折れかけたころようやく到着!! 「あと10分」て看板には書いてあったけれど、15分くらいかかったんじゃないかな。ちょくちょく休憩を取りながら、12時頃に到着しました。丁度下の看板に書いてあった通りの90分。外人は元気いっぱいでしたが日本人は日頃の運動不足かゼイゼイしていましたw。

oo 044

頂上から望む相模湾。なんかとってもキラキラしてきれい! 達成感ありますねぇ~♪

oo 048

奥の院の様子。頂上には売店もありうっすらと雪が積もっているような寒い時期なのに結構人がいて驚きました。売店でもカップ麺などのあたたかいものが売っていますが、煮炊きできる装備を持ってきてシチュー的なものなどを作って宴会をしている人たちもいました。
oo 062_R

参拝して、御朱印をもらって休憩して30分くらい頂上にいたでしょうか。でも寒くて寒くてちょっと座ってじっとしているとカタカタ体が震えてきます!

oo 068_R下山は60分....かと思いきや意外に時間がかかって結局上りと同じ90分くらいかかりました。「本坂より楽」と言われた「カゴヤ道」を使ったのですがそれでも結構ハード。下りは滑るので慎重に降りていたら時間かかっちゃいました。

それにしてもこの大山登山、道のりもハードだし寒いしで結構大変! 初日の出を見るために夜中に登る人たちが結構いるとのことですが本当でしょうか!? 信じられません。

今回も持参したダブルストックは大活躍でした。持って行って本当に良かった....。

再び下社まで降りたら14時過ぎていました。もうお腹ぺこぺこです。再びケーブルに乗って下山し、こま参道で遅いランチを食べることにしました。往復で休憩も入れてほぼ5時間のハイキング...というよりは修行!? 完全に冬山登山な大山詣では終了したのでした。

続く


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

大山詣で#1 [おでかけ]

「御朱印の会」と名乗って御朱印を集めるのが好きな人たちでたまに集まって神社に行ったり、神社がらみのイベントに参加したりする会に名を連ねているのですが、その御朱印の会メンバーでもあり、おいしいものつながりの嶋さんから「まだ今年は御朱印もらいに行ってない。大山阿夫利神社(おおやまあふりじんじゃ)行きたいんだけど、ハイキングがてら誰か一緒に行こー!」と招集があったので、行くことにしました。。s 026

すっごく気軽に「行く~!」って手を挙げたのですが、調べてみると本社があるのが1200m強の山の頂上。ケーブルカーを使っても往復5時間くらいのややハード目なハイキングだということがわかりました。

色んなことを調べながら、「この神社の名前、最近なんか見た覚えがあるなぁ。」って思ったら、最近よく出没している二子玉川とか溝の口を歩くと目にする「大山みち」っていう言葉と関係していることがわかりました。

江戸時代には庶民が大山阿夫利神社を参詣するのが流行したらしく、「大山講」というグループを組織して大山阿夫利神社に行く時に通った道を「大山みち」とか「大山街道」と読んだらしい。ちょうど、大山に行く前の週にも二子玉川で「二子玉川大山みち写真展」のポスターを目にしたばかり。

私は車で、他のメンバーは小田急線で伊勢原からバスに乗って大山ケーブル乗り場に一番近いバス停で集合することになりました。調布からは車で約1時間半。待ち合わせ時間より30分ほど早い9時ちょっと前くらいに着きましたが、ケーブル駅に一番近い、第2市営駐車場はなんと満車! 駐車場代が少し高くなりますが、向かいにある観光案内所の駐車場に停めました。観光案内所で聞いたところ「週末は朝8時頃には満車になるよ。」とのこと。.....こんな寒い時期にこんなとこ来る物好きなんてあんまりいないだろうと甘く見ていました。

みんなが集合したのは9時20分くらい。友人が連れてきた米国人4名を含む総勢9名での大山登山が始まりました。

oo 001oo 002oo 005

まだ開店していないお土産やの立ち並ぶこま参道を15分ほど登って、大山ケーブル駅に到着。嶋さんは早速、こま参道で入手した日本酒を片手に駅で売っているこんにゃくをムシャムシャ。お酒なんか飲んじゃって、大丈夫~?

oo 009oo 014

かわいらしい緑のケーブルカーで6分で山の中腹へ。すでに素晴らしい景色がひろがります。

oo 016oo 017

階段を登って、大山阿夫利神社の下社に参拝。登山道はこの下社の左手から始まります。

続く


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

西乃茶や(長野県飯山市)そば、うどん [ランチ]

野沢温泉から東京の帰り道。空きっ腹を抱えた私たち4名は上信越自動車道の豊田飯山ICに向かっていました。野沢温泉スキー場に何度も来ている運転手さんが「ICの手前においしいおそば屋さんあるからそこで食べて帰ろう。」というのでそこに立ち寄ることに。

西乃茶やさんに到着!! もう15時過ぎちゃってて昼ごはんの時間帯でもないし、東京に帰る時間のピークからも時間を外しているのに車が何台かとまっています。おお。きっとお昼時には混むんだろうなぁ。

noz 063_Rnoz 062_R

まずはこの辺りの郷土食、謙信寿司をオーダー。5つで700円くらい。「笹の葉にのっているちらし寿司」という感じの素朴なお寿司です。テイクアウトもできるらしい。散々宿でも食べたし家用にも買ったけど野沢菜漬けはここでも付くのね。

noz 059_R

謙信寿司だけでは足りない(3人でシェア)ので友人オススメのみそ煮込みうどん。3名以上でオーダーすると、1つの大鍋にまとめてくれるというので3名でオーダー。ひとり分850円だっけ? 出てきたのは巨大な鉄鍋! 完全に「鍋」です。5人分くらいあるんじゃないかな。これ。

noz 061_R

「あっさりした味噌鍋に、シメのうどんもいれちゃったよ~。」という感じです。野菜から甘くていいダシ出てます。味噌味もおいしい! あっさりしたほうとう鍋です。食べ終わる頃には汗が吹き出しました。寒い日には本当にオススメです。

お蕎麦と謙信寿司のセットの定食もありました。お蕎麦もおいしそうだった....。

noz 060_R

西乃茶や そば(蕎麦) / 蓮駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0




nice!(5)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

野沢温泉外湯めぐり [旅]

スキーツアー最終日は、スキーは午前中であがって帰るまでの3時間でお土産購入と外湯巡りで温泉街に繰り出しました。

1軒目、「秋葉の湯」。一人しか入っていなくてほぼ貸切でのんびり~。前の日に外湯めぐりした人たちが「どの外湯もすっごく熱かった。」と言ってたのでかなりドキドキしましたが、調度よい熱さ。冷え切った体があったまりました。

noz 017_Rnoz 019_R

2軒目、「大湯」やはり野沢の外湯めぐりというと一番人気のこちらは外せません。映画 「千と千尋の神隠し」を思い起こさせるような雰囲気のある木造作りの外観に、「ぬる湯」と「あつ湯」の2種類の浴槽。私が行ったときは脱衣スペースは混んでいたけどお風呂自体は空いていました。

noz 026_R

手前がぬる湯、奥があつ湯ですが、ぬる湯の方でも充分熱く、入れないでいる小学生がいました。あつ湯の方は誰も入ろうとせず。充分ぬる湯であったまってからあつ湯にチャレンジしてみましたが、10秒で飛び出してしまいました。ジンジン熱くて動けませんでした。右の写真は天井を見上げたところ。吹き抜けのようになっています。

noz 031_Rnoz 028_R

せっかくなので、温泉街の一番奥のほうに歩いて行って、麻釜を見に行きました。寒い日だったので、湯気がモックモク。

noz 035_R

本当は「滝の湯」に行こうとしたのですが、道に迷ってしまい断念。お土産タイムに突入しました。麻釜のすぐ手前の「まつみや商店」で野沢菜(本漬け)を購入。500円と他のお店よりちょこっと高かったけど、味見しておいしかったので。こちらのご主人曰く「野沢菜は売ってるお店や泊まる宿、全部自分とこで漬けてるから味、違うんだよ。色々味見してみて!」って言ってましたが、たしかにどこもちょっとずつ味違うんですよねぇ~。そしてどこのやつもおいしい!

noz 038_Rnoz 065_R

お昼ごはんは帰りにインターの近くで食べることになっていたけど空腹に耐え切れず、フキヤさんでおやきを購入。はす向かいのニューフキヤでお土産用の温泉まんじゅうを購入。ここのはクラッシュした栗が入った栗入れ温泉まんじゅうがおすすめです。バラでも買えるし、店頭でふかした熱々の温泉まんじゅうも食べられます。以前買ってとってもおいしかった八幡屋礒五郎「七味ごま」も売っていたので買いました♪

noz 043_Rnoz 046

更に喉が乾いてちょっと甘いもの飲みたくなったので黒澤酒造の甘酒を購入。買ったお店の前で写真撮ってますが、お店の名前は覚えてない......この甘酒、とっても美味しかったです!

そして、再び体が冷えてきたので、最後にお風呂に入って帰ろうと「松葉の湯」に寄ったら清掃中だったので「十王堂の湯」に立ち寄りました。

noz 055noz 051

見た目、何の変哲もない「町の共同浴場」ですが、脱衣スペースが床暖房が入っていて暖かく、お湯も入った3つの中で一番イオウの香りが強く「温泉入ってるぅ~!」という感じがするので好きでした。他にもいっぱい外湯があるのに3ヶ所しか行けなくてちょっと悔しいなぁ。また来なくっちゃ♪


nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2011年初滑り@野沢温泉スキー場 [旅]

年末にひいてしまったカゼを引きずったまま、今シーズン初滑りで野沢温泉へスキーに行きました。年末は雪がなくて心配されていた野沢行きでしたが、ちょうど行く予定の前日くらいに大雪が降ったおかげで絶好のコンディションでした。

noz 014_R

野沢温泉は4回目くらいですが、いつも雨とか霧とかでコンディションが良くなくて、晴れた時の景色を初めて見ました。すごいキレイ~!! しかも、サラサラの粉雪が降ったばかりで、「野沢ってこんないい雪ふるんだ!!」と驚きました。そういえば今までトップシーズンではなくて、シーズンの終わりくらいしか来てなかったもんなぁ。スキー場の印象って、滑ったときの天候と宿のごはんで随分変わります。今回、野沢のイメージは大幅にアップしました。

noz 001_R

樹氷がとっても美しい~。
noz 007_Rnoz 008_R

頂上に近いところでは、アンテナが砂糖でコーティングされたお菓子のようになってました。北見銘菓の「ハッカ樹氷」というお菓子を思い出します。頂上付近の木は、一度に降り積もった雪で枝がしなって折れそうになっている木がたくさん。こういうのってなんて言うんだろう!? これも樹氷っていうのかな?

3日間滑りましたが、雪はサラサラで3日目は胸の深さのパウダースノーを堪能しました! 久しぶりの深雪、普通に滑っても埋まってしまって滑るの大変だったけど楽しかった~!

ゴンドラ乗り場などで 「スキー発祥 100周年」というポスターを見かけたのですが、野沢温泉がスキー発祥の地なんでしょうか!? 確か昔、上越か北海道かで論争があったと思うんだけど、野沢も候補なのかな!? とちょっと驚きました。

こちら、ゲレンデで食べたおいしいランチ。長坂ゴンドラの裏手、レンタルショップTOMYの2Fにある、おしゃれな 「カフェ ステップ」のホットサンドセットです。確かこれで950円くらい。こちらのお店は、分かりにくい場所で席数も少なく、さらに食事はホットサンドセット2種類だけなのですが、おいしかったです。宿の食事がガッツり系で、パンとかコーヒーに飢えていたので嬉しかった~。男性には少ないと思われますが。春スキーの時の午後なんかに、ソーセージでビールを楽しむ! という使い方なんかがいーんじゃないかなとか思いました。

110109_1214~0001110109_1214~0002

お店のHPは見つけられなかったので、レンタルショップTOMYのリンクをはっておきます。http://www.tomy-r.com/


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
メッセージを送る